Googleデータスタジオとは?初心者向け使い方マニュアル

アナリティクスや個別で集計してるスプレッドシートを別々で見るのが面倒、レポーティングが綺麗にできないという改題を解決できる「Googleデータスタジオ」。

このページでは、Googleデータスタジオとは何か、どんな特徴があるのか、どうやって使うのかを解説しています。

Googleデータスタジオとは

データスタジオsample_adwords

データスタジオsample_searchconsole

Googleデータスタジオとは、Googleが提供する、無料で使える、「データ統合・自動レポーティング」サービスです。さまざまなデータを統合して、データを綺麗に表示することができます。

Googleデータスタジオの使い方

よく使用される次の3つとGoogleデータスタジオの連携方法を各ページで解説しています。

Googleデータスタジオの始め方

Googleデータスタジオを始める方法は、Googleアカウントがあれば簡単です。Googleデータスタジオでレポートを作成する方法は2つあります。

  1. 白紙から作る
  2. テンプレートから作る

今回はとりあえず結果をみたいので、簡単に作れるテンプレートから作ってみましょう。

ステップ1:Googleデータスタジオにアクセス

リンク:GoogleデータスタジオTOP

01googleデータスタジオTOP

ステップ2:Search Console Reportをクリック

00Googleデータスタジオ_searchconsole_click

ステップ3:「テンプレートを使用」をクリック

「テンプレートを使用」をクリック後、利用規約に同意し、設定を完了させます。

02Googleデータスタジオ_レポート作成

ステップ4:再度「テンプレートを使用」をクリック

データスタジオのドライブへのアクセスを許可します。

03googleデータスタジオ_アクセス

ステップ5:再度「テンプレートを使用」をクリック

自動的に切り替わったりしなかったので、3度目の「テンプレートを使用」をクリックすると、Search Consoleのテンプレレポートが表示されます。

表示されてる1つ1つのグラフや表が、「選択されたデータソースと出力設定」によって出力されています。現在見ているのは「編集画面」みたいなもので、右上の「ビュー」を押すと、レポート画面になります。

現在表示されているレポートは、Googleが用意した適当なデータを選択しているので、自分の持っているサイトなどとは無関係です。次のステップから、自分のサイトとデータを入れ替えていきます。

04Googleデータスタジオ_searchconsole

ステップ6:左上のグラフをクリックし、「データソース」をクリックする

ここからは、1つのグラフだけ変更してみます。

左上のグラフをクリックすると、右側にこのグラフの出力設定画面が出てきます。ここで「データソース」やディメンション(横軸)、指標(縦軸)などの設定ができます。

「データソース」のグレーにかかっている箇所をクリックします。

05Googleデータスタジオ_select

ステップ7:右下の「新しいデータソースを作成」をクリック

現在選択肢ているデータソースが「[sample] Search Console(URL)」になっているので、新規にデータソースを作成して、自分のサイトのデータと入れ替えていきましょう。

右下の「新しいデータソースを作成」をクリックします。

06Googleデータスタジオ_新しいソース

ステップ8:「Search Console」を選択

少し下にSearch Consoleがあるので、選択肢ます。

07Googleデータスタジオ_searhconsole_select

ステップ9:GoogleデータスタジオがSearch Consoleにアクセスすることを許可します。

まずは「承認」を押します。

08Googleデータスタジオ_searchconsole_承認

「許可」をクリックします。

09Googleデータスタジオ_searchconsole_アクセス

ステップ10:接続したいサイトを選び、「URLのインプレッション」を選択して「接続」

Search Consoleのデータには次の2つがあります。

  • サイトのインプレッション:サイト単位のデータ
  • URLのインプレッション:ページ単位のデータ

テンプレにあったデータは、URL単位のデータを出力していたいので、同じく「URLのインプレッション」を選択します。選択後、右上の「接続」をクリックします。

10Googleデータスタジオ_データURL

ステップ11:「レポートに追加」をクリック

Search Consoleには先程説明したように「サイト単位」「URL単位」の2種類があるので、判別しやすいように名前を変更しておくことをおすすめします。下の画像では、[url]を先頭につけています。

11Googleデータスタジオ_レポートに追加

ステップ12:完了

これで、左上のグラフだけ、自分のサイトのデータに変わりました。左上以外はまだGoogleが用意したsampleデータなので注意してください。

12Googleデータスタジオ_反映

右上の「ビュー」をクリックすると、次のように綺麗に表示されます。

Googleデータスタジオ_ビュー

ここでの説明は以上です。

今回変更した左上以外のグラフや表のデータを変更する場合には、次のことに注意して下さい。

  • もともと選択されてるsampleが「サイト単位」か「URL単位」かを確認して、データソース単位をあわせる
  • グラフや表が表示されず「設定未完了」と出た場合、指標とディメンションを設定する必要がある。「指標が無効です」または「ディメンションが無効です」と表示されているので、それをクリックする。

 

データスタジオの使い方の新着記事一覧