データスタジオの使い方

Googleデータスタジオとアナリティクスの連携方法

スクリーンショット 2018-05-20 10.22.31

Googleアナリティクスと連携のできるGoogleデータスタジオ。簡単にレポーティングを作成でき、数値が視覚化され、施策の観測や数値変動を察知することに役立ちます。

このページでは、Googleデータスタジオにアナリティクスを連携する方法、また連携してから基本的なレポートをするための変更方法をご紹介します。

ステップ1:データスタジオにアナリティクスを連携

まずはGoogleデータスタジオにGoogleアナリティクスを連携していきます。

1−1:データスタジオにアクセス

01データスタジオTOP

まずはデータスタジオにアクセスしましょう。Googleアカウントがもちろん必要です。

ページ:Googleデータスタジオ

1−2:新規レポートを作成

01データスタジオTOP

白紙の状態から今回は作っていきます。

1−3:データを選択

02データスタジオ新規作成

右下の「新しいデータソースを作成」を選択してください。

この時点では、同じGoogleアカウントで入っていても、GoogleアナリティクスとGoogleデータスタジオのデータ連携はされていません。

1−4:アナリティクスを連携

03データスタジオでデータ選択

「Googleアナリティクス」を選択します。

1−5:アナリティクスとデータスタジオの連携を許可

04データスタジオとアナリティクスを連携

アナリティクスとデータスタジオの連携を承認します。これでデータスタジオからアナリティクスのデータを参照できるようになります。

1−6:データを選んで接続

05データスタジオでアナリティクスのビューを選択

ご自身の今回レポーティングしたいデータを選択していきます。最後に右上の「接続」をクリックします。

1−7:レポートに追加

06データスタジオでアナリティクスをレポートに追加

わかりやすいように左上の「名前」を変更することをおすすめします。名前変更後、右上の「レポートを追加」をクリックします。

1−8:データスタジオとアナリティクスの連携完了

データスタジオでアナリティクスと連携完了

以上で、データスタジオにアナリティクスを連携させるまでが完了しました。連携しただけでデータがまだ表示されていないので、次の章からデータを表示していきましょう。

ステップ2:データスタジオでデータを表示

ここからはGoogleデータスタジオに基礎的なデータの表示方法を紹介していきます。人によって見たい数値が異なると思いますので、気になるところから下記をクリックしてみてください。

2−1:セッション推移を表示する

07データスタジオに日付別のセッション数表示

▲ヘッダーにある左端のグラフを選択し、下の空白スペースでドラッグして広げると上記のようにグラフが表示されます。

2−2:時間ディメンジョンを変更する(時間を選択する例)

ディメンションとはグラフの横軸の指標のことです。

01データスタジオの時間ディメンションをクリック

▲右サイドバーの「日付」をクリックすると、日付から別のディメンションに変更することができます。

01データスタジオの時間ディメンションに時を選択

▲今回は「時」を選択してみました。横軸が0~23時の値に変わりました。

2−3:内訳ディメンジョンを変更する(デバイスカテゴリを選択する例)

「内訳ディメンション」は、ディメンションの詳細別で表示させるときに使います。例えば「デスクトップ」「モバイル」「タブレット」それぞれがどういう値になっているかを表示させられます。

02データスタジオの内訳ディメンションをクリック

02データスタジオの内訳ディメンションにデバイスカテゴリを選択

▲「プラットフォームまたはデバイス」>「デバイスカテゴリ」を選択

グラフには「desktop」「mobile」「tablet」別でセッション数の変動が表示されます。

2−4:指標を変更する(直帰率を選択する例)

「指標」とは縦軸のことを指します。現在はセッションを選択肢ているので、セッションから変更していきましょう。

03データスタジオの指標を変更

03データスタジオの指標に直帰率を選択▲「セッション」>「直帰率」を選択

選択すると縦軸がセッション数から、直帰率になりました。

2−5:期間を変更する(過去14日間を選択する例)

04データスタジオのデフォルトの期間を変更

041データスタジオの期間にカスタムを選択する▲①「カスタム」を選択 ②「過去28日間」の箇所を選択

042データスタジオの期間を変更する▲「過去28日間」をクリック

043データスタジオの期間を過去14日間に変更する▲「過去14日間」を選択。

2−6:フィルタを追加する(desktopに絞る例)

「フィルタ」とは、表示するデータの対象に、ビューに紐付いた絞込をかける設定です。例えば今回は「desktop」のデータだけに絞って表示させてみます。

05データスタジオのフィルタを追加

05データスタジオのフィルタでdesktopを選択する▲「デバイスカテゴリ」を選択 > 「次に等しい」を選択 > 「desktop」を入力して保存

2−7:セグメントを追加する(新規ユーザーを選択する例)

セグメントでは、ユーザーもしくはセッションに紐付いた絞込ができます。フィルターとの違いは例で見てみるとわかりやすいです。

「ページA」を条件にした場合
フィルター:ページAのデータが表示
セッション:ページAを訪れたユーザー/セッションのデータが表示

データスタジオの設定例として「新規ユーザー」のデータを表示してみます。

06データスタジオのセグメントを追加

06データスタジオのセグメントに新規ユーザーを選択する▲「システムセグメント」>「新規ユーザー」を選択


次の記事も読むと、未来のユーザーニーズが見えてきます

icon-check-circle Google検索の変遷から見えてくる「Googleがキュレーション化する日」
あなたの課題はなんですか?
【SEO】順位が上がらない。アクセスが集まらない。
SEOで重要なことは、ユーザーが求めている体験は何かを、感覚ではなく理論で落とし込み、どのページでも上位表示を狙える体制をつくることです。順位が上がらない、アクセスが増えないことでお悩みの方はお悩みの方は、立ち上げから1,500万PVにまで成長させた私のSEO経験がお役に立てるかもしれません。お気軽にご相談ください。
【アフィリエイト】成果が発生しない。リンクをクリックされない。
アフィリエイトで重要なことは、「何を伝えるか」ではなく「どういう気持にさせるか」「何を伝えないか」です。アフィリエイトの成果を加速させたい方は加速させたい方は、4年間積んだアフィリエイト経験が役に立つかもしれません。お気軽にご連絡ください。
【サービス登録率】登録まで行かない。登録率が改善しない。
登録率改善で重要なことは、ユーザーの思考回路を順を追って仮説として1つずつ検証していくことです。1%→3%に登録率を改善させた経験をノウハウ化して共有いたします。
【広告運用】CPAが下がらない。毎回数値がブレる。
広告運用で重要なことは、「これが刺さるだろう」と再現性の無い施策をうつのではなく、頻繁にクリエイティブを変更しても、同じ効果が維持できる検証をし続けることです。転職広告のCPA20,000円→8,000円にした経験で、お役に立てることがあるかもしれません。気軽にご連絡ください。
Twitterをフォロー 30分相談 コンサル相談 匿名質問
(2018年3月12日現在、1件コンサルの空きがあります)