SEO対策

カテゴリとタグの違い・使い分け方・SEOに重要な理由

カテゴリとタグ

ECサイトやWordPressサイト、メディアサイトを運営するときに使う「カテゴリ」と「タグ」。

SEOとしてGoogleに正しくページの情報を伝えるためにはサイト構造が重要で、サイト構造を設計するときにカテゴリとタグを設計・運用することが競合との差別化になります。

このページではカテゴリとタグの違いを解説していきます。2つの違いを理解し、検索順位を上げて、ユーザーの回遊率も改善していきましょう。

カテゴリやタグの役割

まずはカテゴリとタグの共通した役割を紹介します。

カテゴリとタグはどちらもページとページの繋がりをつくるもの。カテゴリやタグの共通した役割とは、「SEO」「ユーザー」の2つの側面において、記事がどんなテーマかを理解する助けとなることです。

「SEO」としては、Googleが、とある記事がどんなテーマの記事かを知ろうとするときに、サイト内で紐付いているカテゴリをヒントにします。

「ユーザー」としては、ユーザーの頭の中で明確なワードが思い浮かんでいないときに、同じカテゴリやタグが紐付いている記事一覧ページを開けば、ざっくりと情報を探す手助けになります。

カテゴリとタグの設計が重要と言われるのは、カテゴリとタグの設計がこうしたSEO対策・ユーザー体験向上に繋がり、最終的に売上につながるからです。

次からは、カテゴリとは?タグとは?をあらためて解説していきます。

カテゴリとは

カテゴリとは、分類のことです。

カテゴリは「大カテゴリ」「小カテゴリ」のように階層構造になり、末端にページ(記事)があります。基本的にページ1つに対して、カテゴリが1つ付与されています。カテゴリとページの関係をイメージで説明すると「縦」のつながりです。

カテゴリーの構造図

カテゴリの運用方法

Webサイトを立ち上げるときに、最初にサイト構造の設計をします。サイト構造の設計をすると同時に、カテゴリも一緒に設計します。カテゴリは最初に設計を行うため、運用中に頻繁に削除・追加・変更は基本的に行いません。

ページにカテゴリを付与しておくことで、例えば同じカテゴリの記事を「関連記事」として表示したり、パーマリンクにカテゴリ名を使用したり(例:https://domain.com/大カテ/小カテ/記事ID)できます。

カテゴリの特徴をまとめると次のようになります。

カテゴリ
機能 分類
イメージ
構造 階層構造
運用方針 最初に設計
頻繁に削除/追加/変更を行わない
ページ(記事)との対応 1ページ(記事)に1カテゴリ
よくある使用例 関連記事
パーマリンク
パンくず

タグとは

タグとは「グループ」のことです。

タグは階層構造をもたず、ページ(記事)を横断的につなぎます。タグは1ページに複数紐づけることがあります。タグとページの関係をイメージすると「横」です。

タグの構造図

タグの運用方法

サイトのページが増えるに従ってタグも増加していく傾向にあります。タグは都度、削除・追加・変更がおこなわれます。

タグがよく使用される方法は、ページの特徴を示す「キーワード」。タグにページを紐付けて、読者が気になったキーワードをもとに他のページへ回遊しやすくなります。

タグはカテゴリと被らないキーワードを指定するのが一般的です。

タグ
機能 グループ化
イメージ
構造 網目構造
運用方針 適宜グループ化
頻繁に削除/追加/変更を行う
カテゴリと重複しない
ページ(記事)との対応 1記事に複数タグ
よくある使用例 キーワード

カテゴリとタグの違い

ここまで説明してきたように「カテゴリは縦」「タグは横」です。図にまとめると次のようになります。

カテゴリーとタグの違いを表す図

カテゴリとタグの違いを表でまとめると次のようになります。

カテゴリ タグ
機能 分類 グループ化
イメージ
構造 階層構造 網目構造
運用方針 最初に設計
頻繁に削除/追加/変更を行わない
適宜グループ化
頻繁に削除/追加/変更を行う
カテゴリと重複しない
ページ(記事)との対応 1記事に1カテゴリ 1記事に複数タグ
よくある使用例 関連記事
パーマリンク
パンくず
キーワード

カテゴリはサイト立ち上げ時に決めたら、あとから変更することがコストかつリスクになるため、なかなか変更はしません。特にタグよりもカテゴリの設計が、その後の競合との差を生み出します。

タグは柔軟に変更が可能なため、サイト立ち上げ時には運用を優先順位下げても問題ないでしょう。ただし、タグはその追加のしやすさから、タグが増殖し、逆にSEO・ユーザー体験を損ねる可能性もあるので注意が必要です。

タグとカテゴリを具体例に置き換える

よりわかりやすいように、カテゴリとタグを具体的な例に置き換えてみましょう。

カテゴリーとタグの違い

大カテゴリ「キャリア」の下に小カテゴリ「転職・就活・派遣」があり、さらにその下に記事があります。各記事はカテゴリ1つと結ばれています。

タグ「履歴書・面接」が各記事に付与されています。カテゴリと違い1つの記事に履歴書・面接のタグがどちらも付与されている場合もあります。

記事のタイトルを知らなくても、一番左の記事が「転職するときの面接のノウハウについて書かれている」という憶測が立ちます。この憶測のように、SEOとして検索キーワードと記事の関連性を高めることができます。

【実践編】カテゴリとタグの設計方法

ここまでカテゴリとタグの重要性、カテゴリとタグの概念と違いを見てきました。では実際にご自身のサイトにより当てはめて、カテゴリとタグを設計する方法を紹介していきます。

実践編ページ:カテゴリとタグの設計方法


次の記事も読むと、未来のユーザーニーズが見えてきます

icon-check-circle Google検索の変遷から見えてくる「Googleがキュレーション化する日」
あなたの課題はなんですか?
【SEO】順位が上がらない。アクセスが集まらない。
SEOで重要なことは、ユーザーが求めている体験は何かを、感覚ではなく理論で落とし込み、どのページでも上位表示を狙える体制をつくることです。順位が上がらない、アクセスが増えないことでお悩みの方はお悩みの方は、立ち上げから1,500万PVにまで成長させた私のSEO経験がお役に立てるかもしれません。お気軽にご相談ください。
【アフィリエイト】成果が発生しない。リンクをクリックされない。
アフィリエイトで重要なことは、「何を伝えるか」ではなく「どういう気持にさせるか」「何を伝えないか」です。アフィリエイトの成果を加速させたい方は加速させたい方は、4年間積んだアフィリエイト経験が役に立つかもしれません。お気軽にご連絡ください。
【サービス登録率】登録まで行かない。登録率が改善しない。
登録率改善で重要なことは、ユーザーの思考回路を順を追って仮説として1つずつ検証していくことです。1%→3%に登録率を改善させた経験をノウハウ化して共有いたします。
【広告運用】CPAが下がらない。毎回数値がブレる。
広告運用で重要なことは、「これが刺さるだろう」と再現性の無い施策をうつのではなく、頻繁にクリエイティブを変更しても、同じ効果が維持できる検証をし続けることです。転職広告のCPA20,000円→8,000円にした経験で、お役に立てることがあるかもしれません。気軽にご連絡ください。
Twitterをフォロー 30分相談 コンサル相談 匿名質問
(2018年3月12日現在、1件コンサルの空きがあります)