売却の検討

よくある不動産売却理由ランキング

不動産売却を考えるきっかけは、家庭や仕事の事情なので、それぞれ売却理由は異なります。国土交通省の「土地保有移動調査結果」(平成28年取引分)によれば、個人の売主の売却理由は、次のようなランキングになっています。

1位:生活費に充てる(23%)

定年退職後の老後資金としてや、リストラされて収入が途絶えたタイミングで、不動産を売却して生活費に充てようとする方が多いです。不動産を持っているだけで、固定資産税や都市計画税の税金がかかってしまうので、安定して充実した老後を考えると、生活費のために売却してしまったほうがよいでしょう。

2位:買主等の希望(20%)

隣人

3位:住宅建設購入資金(11%)

もともと相続していた家に住んでいたり、購入して住んでいた家が老朽化した場合に、より良い住まいに住み替えようと、現在の住まいを売却する方あ最も多いようです。

4位:借入金返済(10%)

5位:他の土地購入(3%)

不動産売却したい人が知っておきたい基礎知識

不動産の相場

不動産の売り時・売却タイミング

不動産の売却費用ってどれくらい?

不動産売却が難しいと感じる理由