スプレッドシートの使い方

【スプレッドシート】Query関数のlabelを使って見出しを変更する

GoogleスプレッドシートのQuery関数で使えるlabelオプション。labelオプションは、元のデータの見出しをいじらずに、出力時だけ見出しを書き換えることができる機能です。

このページでは、Queryのlabelオプションの基本的な使い方と、具体的な応用例を紹介していきます。labelオプションを使いこなして、正しい見出しで見やすいスプレッドシートデータを作成していきましょう。

Query関数のlabelの基本的な使い方

GoogleスプレッドシートQuery関数のlabelを使う基本形を紹介します。次のlabelを使ったQuery関数は「指定した列のタイトルを、指定した名前に書き換えよ」という指示になります。

「A11:D17の範囲を、A列のタイトルを’年月日’に変更して表示せよ」という指示を書いたものが次のQuery関数です。

もともとのデータのA列のタイトル「日付」を、指定した「年月日」という名前に書き換えて出力ができます。

query関数のlabelで見出し変更

Query関数のlabelの使い方例

GooleスプレッドシートのQuery関数のlabelオプションは便利ですが、具体的にどんな場面で試用すべきか分かりづらいです。ここからはlabelオプションの応用例を紹介していきます。

①特定の列の見出しをlabelを使って変更する

こちらは先程の「labelの基本的な使い方」で説明したので解説は省略します。

query関数のlabelで見出し変更

②複数の見出しをlabelを使って変更する

Query関数の中で複数のデータの見出しをlabelで変更するには、次のような書き方をします。このとき、「,」で指定する列を区切っていることに注意してください。

「A11:D17の範囲を、A列の見出しを’年月日’に、D列の見出しを’PV数’に変更して表示せよ」という指示のlabelを使ったQuery関数は次のようになります。

下のデータの例だと、A列の見出し「日付」が「年月日」になり、D列の「PV」が「PV数」になって表示されています。

query関数のlabeを複数使う方法

③group byの出力見出しをlabelで変更する

Query関数のgroup byオプションを使用すると、データをグルーピングして表示ができます。基本的なgroup byは次のようなquery関数になり「重複を覗いた列Aに対して、列Bを指定した集計関数で計算する」という指示になります。

注意したいのが、group byだけだと、表示される見出し名が「集計関数名 元の見出し」という表示になる点です。例えば、下のように集計関数sumを使用して、データをグルーピングするとB列の見出しが「sum PV」と表示されます。

query関数のgroupbyの例

この「集計関数名 元の見出し」の表示をlabelオプションを使用して書き換えていきます。group by とlabelを組み合わせたQuery関数は次のようになります。

下の例だと、先程はB列の見出しが「sum PV」になっていましたが、labelオプションによって指定した「合計PV数」に変更されました。

query関数のgroupbyの結果のlabelを変更する


次の記事も読むと、未来のユーザーニーズが見えてきます

icon-check-circle Google検索の変遷から見えてくる「Googleがキュレーション化する日」
あなたの課題はなんですか?
【SEO】順位が上がらない。アクセスが集まらない。
SEOで重要なことは、ユーザーが求めている体験は何かを、感覚ではなく理論で落とし込み、どのページでも上位表示を狙える体制をつくることです。順位が上がらない、アクセスが増えないことでお悩みの方はお悩みの方は、立ち上げから1,500万PVにまで成長させた私のSEO経験がお役に立てるかもしれません。お気軽にご相談ください。
【アフィリエイト】成果が発生しない。リンクをクリックされない。
アフィリエイトで重要なことは、「何を伝えるか」ではなく「どういう気持にさせるか」「何を伝えないか」です。アフィリエイトの成果を加速させたい方は加速させたい方は、4年間積んだアフィリエイト経験が役に立つかもしれません。お気軽にご連絡ください。
【サービス登録率】登録まで行かない。登録率が改善しない。
登録率改善で重要なことは、ユーザーの思考回路を順を追って仮説として1つずつ検証していくことです。1%→3%に登録率を改善させた経験をノウハウ化して共有いたします。
【広告運用】CPAが下がらない。毎回数値がブレる。
広告運用で重要なことは、「これが刺さるだろう」と再現性の無い施策をうつのではなく、頻繁にクリエイティブを変更しても、同じ効果が維持できる検証をし続けることです。転職広告のCPA20,000円→8,000円にした経験で、お役に立てることがあるかもしれません。気軽にご連絡ください。
Twitterをフォロー 30分相談 コンサル相談 匿名質問
(2018年3月12日現在、1件コンサルの空きがあります)