スプレッドシートの使い方

【スプレッドシート】arrayformula関数内でVLOOKUP関数を使う

スプレッドシートの関数の中でも特に作業効率を上げる「arrayformula関数」。arrayformula関数を使うことで、毎回VLOOKUP関数を新しくコピペする手間がなくなります。

今回はarrayformula関数とVLOOKUP関数の組み合わせ方を解説します。

ARRAYFOMULA(配列数式)
配列数式
配列を扱った数式を入れます。
使用例ARRAYFOMULA( IF( A:A=TRUE, TRUE, FALSE))

arrayformula関数なしでVLOOKUP関数を使う場合の非効率性

上記は青のラベルの列がデータベース、赤いラベルの列が検索結果としたときの例です。

VLOOKUP関数を使って、情報検索する場合、上記のように関数をコピペして1セルごとに関数を入れる形になります。この場合、新しく行を追加する度に関数をコピペする必要があり、非常に面倒です。

これをarrayformula関数を使って解決することができます。

arrayformula関数内でのVLOOKUP関数の使い方

arrayformula関数とVLOOKUP関数を組み合わせるときは、下記のような表現になります。

=ARRAYFORMULA(VLOOKUP(検索ワード範囲,検索範囲,指定列,TRUEorFALSE))

上記を実際に使用する場合、下記のような表記になります。※IFERRORはなくてもよい

=ARRAYFORMULA(IFERROR(VLOOKUP(F2:F,B2:E,2,false)))

実際にG2に上記の関数がある場合に、次のような情報表示になります。