スプレッドシートの使い方

【SpreadSheet】DATEDIF関数で特定月の日数をカウントする

この記事では、DATEDIF関数で特定月の日数をカウントする方法、例を解説します。

A1セルの月の日数をカウントする

DATEDIF関数

DATEDIF(開始日, 終了日, 単位)

“D”: 開始日と終了日の間の日数を返します。

KPI設計時には、月の日数を考慮しよう

半年や1年の長期的なKPI設定を行うときに、「その月の日数」によって実際の数字が大きく変わることがありますよね。

例えば、PV数をKPIに置いていた場合、実際の数値が次のようになっていると、2月の数値が悪いように一見見えてしまいます。

  • 1月のPV:100,000pv
  • 2月のPV:98,000pv

しかし、1日のPVで考えると話が大きく変わります。

  • 1月の1日PV:3230pv
  • 2月の1日PV:3380pv

実際には1月 < 2月。

1月の日数は31日、2月は28日で、3日分の差があるので、1日のPV数を考慮しておかないと、実際には伸びていても「伸びていない」と判断してしまう可能性があります。