仕事の効率化

【対処法】この接続ではプライバシーが保護されません【Chrome】

Googleで検索したページを開こうとしたり、いつものカフェでwifiを接続しようとしたときに「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示されたりすることがあります。

「プライバシーが保護されていない」「悪意のあるユーザー」と書かれているので、サイトにアクセスして大丈夫なのか心配になりますよね。

このページでは、「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示される原因と、対処法を解説していきます。サイトを正しく閲覧するためにも参考にしてみてください。

この接続ではプライバシーが保護されませんという現象

この接続ではプライバシーが保護されません

エラーの表示内容

この接続ではプライバシーが保護されません docs.google.com では、悪意のあるユーザーによって、パスワード、メッセージ、クレジット カードなどの情報が盗まれる可能性があります。詳細 NET::ERR_CERT_COMMON_NAME_INVALID 一部のシステム情報とページのコンテンツを Google に送信して、セーフ ブラウジングの改善にご協力ください。プライバシー ポリシー

この表示が起きるタイミングには2種類あります。

  1. 特定のメディアを開こうとしたとき
  2. wifiに接続しようとしたとき

それぞれのタイミングによって、原因と対処法が異なります。ご自身の発生タイミングと照らし合わせて読み進めていってください。

①特定のメディアを開こうとしたとき起こる場合

他のメディアは普通に見れていて、特定のメディアのときだけ「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示される場合は、原因「証明書の期限切れ」です。

インターネットの接続方法にはセキュリティ性の高い接続方法(https://でのアクセス)と、セキュリティ性の低い接続方法(http://でのアクセス)があります。

「証明書」とは、セキュリティ性の高い接続を「証明してくれるもの」で、期限が設定されているので定期的に更新が必要になります。この期限が切れてしまっていると「https」に接続できなくなり、「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示されます。

対処方法

「この接続ではプライバシーが保護されません」の表示の下に「詳細設定」があります。この詳細設定をクリックして出てくる「xxxにアクセスする(安全ではありません)」をクリックするとサイトを表示することができます。

ただし、本来アクセスしたかったセキュアな「https://(SSL接続)」ではなくなるので、だいたいのサイトは大丈夫ですが、金融機関や個人情報を入力するサイトへの接続をする場合は、開かないようにしましょう。

この接続ではプライバシーが保護されていませんの詳細設定

②wifiに接続しようとしたときに起こる場合

カフェなどでwifiに接続しようとしたときに、「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示される場合があります。

このときの「詳細設定」を開くとつぎのように書かれています。

docs.google.com では通常、暗号化して情報を保護しています。今回、Google Chrome から docs.google.com への接続試行時に、このウェブサイトからいつもとは異なる誤った認証情報が返されました。悪意のあるユーザーが docs.google.com になりすまそうとしているか、Wi-Fi ログイン画面で接続が中断された可能性があります。データのやり取りが行われる前に Google Chrome によって接続が停止されたため、情報は引き続き保護されています。 docs.google.com では HSTS が使用されているため、現在アクセスできません。通常、ネットワーク エラーやネットワークへの攻撃は一時的なものです。しばらくするとページにアクセスできるようになります。

原因としては、おそらくwifiサービスへのログインが正しく行われていないまま、そのwifiからサイトへアクセスしようとしたために、接続を中断されたのでしょう。

対処法

使用しているPCまたはスマホに最初から入っているブラウザを使用して、何か公式サイトを開いてみてください。

  • Mac:safari
  • iphone:safari
  • アンドロイド:chrome / ブラウザ

今回私はmac bookだったので、safariから「Apple」のページを開きました。

標準のブラウザを開く

Appleへ接続をしようとすると、wifiサービスページに飛ばされました(https://service.wi2.ne.jp/wi2net/Top/2/)。

スクリーンショット 2018-10-16 14.32.21

すると、他のブラウザ、他のサイトを全て、「この接続ではプライバシーが保護されません」が表示されず閲覧可能になりました。