仕事の効率化

Macのスクリーンショットの画像をpngからjpg保存に変更する方法

Macでスクリーンショットを撮って、画像を保存すると少しデータサイズが大きいことがあります。Macはデフォルトで、スクショを圧縮率の低いpng形式で保存するため、数メガバイトもサイズになってしまいます。

WordPress等でサイトを運営していると、画像圧縮プラグインを入れていなければ、アップロードしたファイルも大きくなりサーバーのディスク容量を食ったり、サイトで表示するときに読み込みに時間がかかるなどのデメリットが発生。

今回は、Macのスクショの保存形式をpngからjpgに変更する方法を解説していきます。

Macのスクショ保存形式をjpgに変更する手順

Macのスクショの保存形式を変更するのは簡単です。設定は3分程度で終わります。

ステップ1:ターミナルを開く

まずはLaunchpadを開きましょう。

launchpadを開く

次に検索窓に「terminal」と入力して検索します。表示された「テーミナル」をクリックして開きます。

terminalを検索

僕のテーミナルは緑色ですが、一般的には背景黒のテーミナルが表示されます。

terminalを開く

ステップ2:コマンドを入力

次の文字列をコピーして、ターミナルに貼り付けて、Enterを押してください。

ターミナルにコマンドを入力

これでスクリーンショットの保存形式が、pngからjpgに変更されました。

ステップ3:スクショして確認

ショートカットキーを押して、スクショをしてみましょう。

全体のスクリーンショット 「command」+「shift」+「3」
選択した範囲のスクリーンショット 「command」+「shift」+「4」

実際に保存されたファイルが、次の画像です。確かにファイル形式がjpgになっています。

jpg形式で保存されたスクショ

スクショをpngからjpgにした場合のサイズ比較

それでは、スクリーンショットの保存形式をpngからjpgに変更したらどれだけファイルサイズが変わるのか比較してみましょう。

次の画像は、左側がPNG形式でファイルサイズが3メガバイト、右側がJPEG形式でファイルサイズが0.5メガバイトです。このように、JPG保存をすることでファイルサイズをめちゃくちゃ小さくできます。

macのスクショ保存形式をjpgに変更


次の記事も読むと、未来のユーザーニーズが見えてきます

icon-check-circle Google検索の変遷から見えてくる「Googleがキュレーション化する日」
あなたの課題はなんですか?
【SEO】順位が上がらない。アクセスが集まらない。
SEOで重要なことは、ユーザーが求めている体験は何かを、感覚ではなく理論で落とし込み、どのページでも上位表示を狙える体制をつくることです。順位が上がらない、アクセスが増えないことでお悩みの方はお悩みの方は、立ち上げから1,500万PVにまで成長させた私のSEO経験がお役に立てるかもしれません。お気軽にご相談ください。
【アフィリエイト】成果が発生しない。リンクをクリックされない。
アフィリエイトで重要なことは、「何を伝えるか」ではなく「どういう気持にさせるか」「何を伝えないか」です。アフィリエイトの成果を加速させたい方は加速させたい方は、4年間積んだアフィリエイト経験が役に立つかもしれません。お気軽にご連絡ください。
【サービス登録率】登録まで行かない。登録率が改善しない。
登録率改善で重要なことは、ユーザーの思考回路を順を追って仮説として1つずつ検証していくことです。1%→3%に登録率を改善させた経験をノウハウ化して共有いたします。
【広告運用】CPAが下がらない。毎回数値がブレる。
広告運用で重要なことは、「これが刺さるだろう」と再現性の無い施策をうつのではなく、頻繁にクリエイティブを変更しても、同じ効果が維持できる検証をし続けることです。転職広告のCPA20,000円→8,000円にした経験で、お役に立てることがあるかもしれません。気軽にご連絡ください。
Twitterをフォロー 30分相談 コンサル相談 匿名質問
(2018年3月12日現在、1件コンサルの空きがあります)