SEO対策

カテゴリページの記事一覧上に固定ページのコンテンツを表示する方法【WordPress】

WordPressでカテゴリーページを充実させたい場合、カテゴリページを固定ページで置き換えたり、プラグイン(Rich Text Tags)でカテゴリページを編集できます。

今回は、「固定ページ」を読み込ませるように設定してみます。

ステップ1:「category.php」を作成

カテゴリーページを開いたときに、「category.php」というファイルがあると、自動的に「category.pbp」の内容が表示されます。

category.phpを作成するには、サーバー上から、「wp-content / themes / {現在のテーマ} /」にcategory.phpのファイルを新規に作成してください。

※category.phpがすでにある場合は、作成しなくてOK

ステップ2:category.phpに固定ページを読み込む処理を追記

次の処理を、category.phpの任意の場所にコピペしてください。

ステップ3:固定ページを用意する

固定ページを作成して、カテゴリページで読み込まれるようにするためには、「固定ページのスラッグ(URLのところの名前)」が重要です。

ステップ2でのコードで、「category-カテゴリのスラッグ」と同じスラッグを持つ固定ページのコンテンツを表示する処理をしています。

例えば、次のような「カテゴリ」と「固定ページ」のスラッグが存在するときに、固定ページが読み込まれて表示されます。

  • カテゴリページのスラッグ:job-change
  • 読み込まれる固定ページのスラッグ:category-job-change

注意点

  • 【注意点1】親ページを設定している固定ページでは動作しません。
    ※親ページを設定していると、スラッグが想定と異なるから
  • 【注意点2】固定ページは非公開設定にしましょう
    ※公開してしまうとカテゴリページと、固定ページが重複コンテンツになってしまうため
    例:https://exmample.com/job-change」と「https://exmample.com/category-job-change」どちらも公開されている状態になる。
    ※リダイレクトで対処する方法もあるにはある

お疲れ様でした。

 

最後にXeory_Extensionテーマでのcategory.phpのコードを置いておきます。

 


次の記事も読むと、未来のユーザーニーズが見えてきます

icon-check-circle Google検索の変遷から見えてくる「Googleがキュレーション化する日」
あなたの課題はなんですか?
【SEO】順位が上がらない。アクセスが集まらない。
【アフィリエイト】成果が発生しない。リンクをクリックされない。
【サービス登録率】登録まで行かない。登録率が改善しない。
【広告運用】CPAが下がらない。毎回数値がブレる。
Twitterをフォロー 30分相談 コンサル相談 匿名質問
(2018年3月12日現在、1件コンサルの空きがあります)