ディスプレイ広告

【Ad Inserterの使い方】記事中に広告を差し込むWPプラグイン

wp-ad-inserter

nendやアドセンスを記事内に挿入したいけど、毎回記事に挿入していては大変。以前は「AdRotate」というWordPressプラグインで、ショートカットコードで差し込むなんてことをしていましたが、毎回記事にショートコードを入れなくてはいけませんでしたし、記事の移行時には、1記事ずつ消してあげなくてはいけませんでした。

今回紹介する「Ad Inserter」はかなり優秀なやつで、「記事全体の●●%目の段落に挿入」といったような挿入の仕方ができます。しかも記事ごとにショートコードを差し込む必要はなく、管理画面からボタン一つでできます。

完成図

WordPressにAd Inserterをインストール

インストールの方法は2種類あります。どちらか好きな方をお選び下さい。

  1. Ad Inserterをダウンロードして、WordPressにアップロード
  2. WordPress上のプラグイン新規追加の検索窓に「Ad Inserter」を入力

Ad Inserterの設定画面の説明

設定 > Ad Inserterから設定画面に入れます。

設定画面は次のようになっていて、簡単な英語ですが、日本語で概略を説明すると、次のような意味になります。

記事内に等間隔で広告を挿入する

コードを挿入部分に、記事途中で表示したい広告のコードを入れてください。

Automatic Insertion > 「Before Paragraph」を選択

選択部分について簡単に説明すると次のような意味になります。

  • None:表示しない
  • Before Post:記事の直前
  • Before Content:記事の直前(postとの違いなんだろう?)
  • Before Paragraph:段落の前
  • After Paragraph:段落の後
  • After Content:記事の後
  • After Post:記事の後
  • Before Excerrpt:抜粋文の前
  • After Excerpt:抜粋文の後

今回使うのは「Before Paragraph」です。

Paragraph Number > 「0.3」を記入

数値を記入することができます。数値のいれる範囲は0~1の値です。次のような意味になります。

  • 0:ランダムな段落で表示
  • 0~1:記事全体の段落個数の◯%目で表示

今回「0.3」を指定したので、大体記事全体の上から30%目の部分で表示されます。

設定を保存

広告タグも挿入して、設定が完了したら、「Save All Settings」で保存を完了します。

複数の広告を設定する

上記の流れで、1つの広告挿入に成功しましたが、まだもう少し広告を挿入したい方は、タブの「2」を押して、同じように広告の設定をしましょう。

2つ芽も「0.3」では、同じところに2つ表示されてしまいますから、記事全体のバランスを考えて、「0.7」で設定するとよいでしょう。

複数の広告を記事に挿入した結果

こんな感じに、上から30%、70%の位置に広告を挿入することができました。

2つ以上も広告を挿入することが可能なので、効果検証をしながら収益アップに挑みましょう!


次の記事も読むと、未来のユーザーニーズが見えてきます

icon-check-circle Google検索の変遷から見えてくる「Googleがキュレーション化する日」
あなたの課題はなんですか?
【SEO】順位が上がらない。アクセスが集まらない。
SEOで重要なことは、ユーザーが求めている体験は何かを、感覚ではなく理論で落とし込み、どのページでも上位表示を狙える体制をつくることです。順位が上がらない、アクセスが増えないことでお悩みの方はお悩みの方は、立ち上げから1,500万PVにまで成長させた私のSEO経験がお役に立てるかもしれません。お気軽にご相談ください。
【アフィリエイト】成果が発生しない。リンクをクリックされない。
アフィリエイトで重要なことは、「何を伝えるか」ではなく「どういう気持にさせるか」「何を伝えないか」です。アフィリエイトの成果を加速させたい方は加速させたい方は、4年間積んだアフィリエイト経験が役に立つかもしれません。お気軽にご連絡ください。
【サービス登録率】登録まで行かない。登録率が改善しない。
登録率改善で重要なことは、ユーザーの思考回路を順を追って仮説として1つずつ検証していくことです。1%→3%に登録率を改善させた経験をノウハウ化して共有いたします。
【広告運用】CPAが下がらない。毎回数値がブレる。
広告運用で重要なことは、「これが刺さるだろう」と再現性の無い施策をうつのではなく、頻繁にクリエイティブを変更しても、同じ効果が維持できる検証をし続けることです。転職広告のCPA20,000円→8,000円にした経験で、お役に立てることがあるかもしれません。気軽にご連絡ください。
Twitterをフォロー 30分相談 コンサル相談 匿名質問
(2018年3月12日現在、1件コンサルの空きがあります)